-- 翻訳者になりたい --心を探す道へ…。
FC2ブログ
admin≫

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 翻訳者になりたい 


今回は自分のことについてです。

大学に入ることによって、自分のしたいことが見つかるかな…?
なんて、期待していましたが、そうそう上手くいきませんでした。

当然ですね。
本来なら、したいこと、関わりたい物事があって、
はじめて大学に入るものだと思いますから。


そんなことではもちろん良い志望動機など書けるはずもなく、
言えるはずもなく、落ちます。

私は上手に嘘をつけないタイプの人間なので、
口から出まかせ言うなんてことは言語道断です。

不本意なところから内定もらって辞退、なんて話はよく聞くけど
不本意なところを志望企業に選ぶのが自分には理解できなくて。
(何が何でも就職したい!という必死さがあるだろうことは頭では分かってるんですけど…。)




考えてみたんです。

16歳の時に、レールを外れた時点で、
みんなとおんなじ生き方なんて、できるはずもない、と。

それは、良い意味でも、悪い意味でも。

寂しくて、みんなともっと仲良くなりたいから、
できるだけ皆と同じになることを願ってきたわけだけれど、
今更そんなこと言っても、もうそれはできないことだって、5年前に証明されていた。

履歴書の学歴の欄だけ見ても、
私と全くおんなじことを書いている人は、後にも先にもいないと断言できる。



つらい思いや寂しい思いをしてきて、
その分人一倍「みんなと同じ」ことにこだわってきました。

身も心もボロボロだった高校2年(1回目)の運動会の頃、
「みんなと一緒に進級したい」と最後まで強く願った。

卒業式の朝、ただ何をするわけでもなくベッドの上にいて、
「みんなと一緒に卒業」できなかったことを、自分でも信じられず
ただただ空虚感に苛まれるばかりだった。

センター試験の前日に
「みんなと一緒に大学受験できる」ことが嬉しくて眠れなかったのをよく覚えている。


そして、大学生としてのいちばんの目標は
「みんなと一緒に4年で卒業する」こと。

(まあうちの大学で私の周りにいるのは、留学の為5年で卒業する人のほうが多いんだけど…)


「みんなと一緒」が、楽しそうで、羨ましくは思うけど、
長い間それにこだわってきてはしまったけど、
いままで十分へんてこりんな経歴辿ってきたから、そろそろみんなと一緒になりたいとは思うけど、
個性的な人生を歩んできてしまった以上、これからもそうあったほうが自分らしいのかな、と、
ようやく最近本当に思い始めることができた気がするよ。


でも卒業はちゃんとする予定!! 目標だから!!



就活も、とりあえず民間企業を広く浅く見てきたつもりですが、
やっぱり、一般的に「成功」と言われるのは、大企業の総合職。

自分のことを客観的に見たら、絶対一般職向きだと思うんだけど、
「一般職は負け組」なんていう価値観が、無駄にのしかかってくる。
完全な偏見だと解ってます。そして一生懸命に働いている一般職の方々ごめんなさい。

そして、一番要であるのが、総合職にせよ一般職にせよ、
正直関心があまりわかないということです。
だから、周りの人達みたいに、熱心に、
志望動機や、御社でやりたいこと等等を、語ることができません。

甘えがあることは分かっています、だからこそ正直に書きます。。



また、向いていそうと言われ続けた、公務員。

就活を始める前、したいことがなくて志望業界が分からない、と周りに相談した時
あらゆる人から公務員を勧められました。

客観的な目線はきっといちばん正しいと思う。
ひとりじゃなく、あらゆる年齢の色々な人に言われたことなので尚更。

だけど公務員にも進んでいません。
勉強は好きなので、試験の為の勉強となるときっと燃えると思います。
公務員試験合格という目標に向かって、頑張り抜く自信はちょっとあります。
でも、その先が見えなかったのです。
調べても調べても、民間企業と同じく、あんまり興味がわいてこなくて。
こんなんで受けるのは、本当に志があって公務員になる人に失礼だと思います。
だいぶ前に書いたかもしれませんが、今も考えは変わっていません。



そして、教職。

採用試験は一応申し込んであります。
だけど試験に備えた勉強は、一切していません。

まず今年受かる予定はありません。

公務員ほどじゃないけれど、向いてそうと言ってくれる人はたくさんいるし、
母や、彼氏は、教職をすすめてきます。

でもごめんなさい、覚悟がつきませんでした。
もしかしたら、もう少しだけ精神的におとなになって、
先生になりたいという願望、覚悟、そして自覚を持てた時に
採用試験に挑戦するかもしれません。

先日書いた覚えがありますが、子供の未来を預かる職業。
自分が生徒だった時に、先生の存在がとてもとても大きくて
そんな立場になりたいと思うには、なんというか、恐れ多くて。



じゃあ何がしたいの。

何がしたいんだろう。



度々頭によぎるひとつの選択肢が、翻訳者です。

恥ずかしながら昔書いたFc2プロフの方にも、
「海外メディアの翻訳とか?笑」
って残ってる。

別にメディアにかぎらず、翻訳に携わってみたいとは思う。
まず、英語を専門にするにあたって
「英語を使う仕事」と言われて真っ先に思い浮かぶであろうものは、きっと通訳や翻訳。
話すのと書くの、どっちが好きで向いているかと問われれば、断然書く方なわけで
留学していた頃から、いやもしかしたらその前から、うっすらと頭の中にその考えがあった。

ODした時、医療通訳の人が働いてるのを観察して、←
すごくかっこいい仕事だな、なんて思って
私もいつか医療の翻訳に携わって、日本の精神医療の質の向上に役立ちたい、的なことを思ったっけ。

とはいっても、医療に関する専門的な知識が全くありませんから、
医療翻訳はちょっとむずかしいかな、
でも、翻訳という形で何かしら役に立ちたい、とは思っていたわけです。


ただ、大学に入るにあたって、職員の方の説明を聞いたり
この仕事について調べたりしていくうちに、
翻訳だけで食べていくのは極めて難しいことが分かり、こう思ったことは封印していました。


でも、自分の中にあるのが、医学部をあきらめたこと。
しかも、決して願望を表に出さず、封じ込めたまま諦めたこと。

ずうっと後悔しているんです。

何となく以前の日記読んだら、闇のま只中で全く勉強していなかった高2の頃の偏差値が、
有名国立大学医学科のボーダーに、あと3上げれば届いていたらしいです。
偏差値を3上げるのも難しいことだとは思いますが、
志を持って1年間努力して手を伸ばせば掴めていたかもしれないもの。
別にその有名大学じゃなくて、地方の医学科であれば、十分行けてたかもしれないと、
5年も6年も後になって気付くなんて。

それを、自分は駄目だと決め込んで、誰にも言わずに何もせずに、なかったことにして葬り去ったこと。

いま、苦し紛れに就職して、結果、これとおなじになってしまわないか。



はいここからは自慢コーナーです。
TOEICを受けると言っていましたが、実際受験して先日結果が出ました。
965点取れました。25点だけとはいっても、やっと、やっと、自分の記録を更新できました。
何度受けても思うような結果が出なかった2年間だったので、素直に嬉しいです。
2週間頑張るとか言っておきながら、実際頑張ったのは前日だけでしたごめんなさいorz

今の日本の社会では、何故か基準としてTOEICが用いられることが一般的なので
自分にとっては好都合です。あくまで何の意味もないことは知ってる。

TOEICが900点以上あっても、実際の英語運用能力が高いとは言えないことを
自ら実践しているのですが…(;´∀`)
満点だったら本当に英語ができる証明になると思います!
だから私は残り少ない学生生活で、あと残りの25点を上げて満点を取ることを目指します。

で、何故この点数で喜んでいるかというと、
ひとまずの目標は達成できたからです。
就職に応募するにあたって、TOEICの点数を聞いてくる会社は多いですが、
その際「□ 800点以上 □ 700~795点 □ …」のように、選択肢があったりします。
会社によって選択肢の点数の分け方が違うわけですが、
たまに、一番上が「□ 945点以上」ってなってることがあるのが悔しくて。(当時940)

だから、まずは、どこを受けるにしても、
点数だけ見れば最高水準にようやく辿りつけたかな、って感じがしたのは満足です。
(満点は別格とします。しかし別格の人はきっと山のようにいます。)

それで、英語を専門としたい!と言えるだけの点数取れたかな?と少し思うことができて
翻訳やってみたい、なんて書いちゃってるというわけです。


そういえば自分の大学の学生は、3年生から細かいコースに分かれます。
その中で通訳・翻訳を専門的にやります!と謳っているコースがあって
それが学内で唯一選抜試験を課す難関コース。
1年生の時にTOEIC+志望理由書+面接の試験があったんだけど
定員20人くらいのところに私は何故か合格できたんです。
それから苦難の日々が待っていたのですが…笑
でもそのメンバーに選ばれるだけのちからを、もしかしたら持っているのかもしれない、
…かもしれない、のだから、目指してみても良いのではという気になってる。


もしかしたら、あのとき医学部に行ける可能性があったのと同じぐらい、
今の自分にも可能性があるのではないか。


はじめはどこかの翻訳事務所で。
経験を積んだあとにどこかの会社で産業翻訳。
運がよくてチャンスを掴めれば医療翻訳の道へ。

なんてことを考えてみても、現実にこうして私は果たして
ひとりの社会人の女性として身を立てることはできるのでしょうか。


あと翻訳は副業でしている人が多いみたいですが、過去・現在・未来の自分を考えてみるに、
マルチタスクは限りなく不可能に近いです。なのであくまで翻訳メインで。


謎すぎる…
まだ情報が少ないみたいです。

もう少しだけ、色んな人に相談してみます。


あと、誰か、知恵をください。切実に。

やりたいことがどう、とか、言ってる場合じゃないのに、甘ったれてるゆとりに対する説教でも構いません。




今回の記事はいつもにも増してあまりにも長くなってしまいましたが
初めて将来に対する希望っぽいことを書くことができたので自己満足です。

自分の思考がとっても偏っている気がするので、ご意見やアドバイスいただけると、本当に助かります。

読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

↑よろしければ、クリックおねがいします*

 
関連記事
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

応援ありがとうございます(*^^*)
進路を決められるように、頑張ります。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして。
コメント大切に読ませていただきました。
ありがとうございます。

大変なご苦労をなさってきたんですね。
私も1度だけ高校で留年を経験し、中退するまでの1学期の間だけ、年下の生徒と同じクラスになりましたが、
想像していた以上に精神的にきついものでした。
今まで一緒に勉強していた仲間が皆上の学年にいるのに、どうして自分だけこんなところにいるのだろう、
という心境になっていたのかもしれません。
大学で留年する人はたくさんいますが、高校で留年する人は数がごくわずかだということが大きいのだと思います。
それを4年も経験された、という苦労はきっと計り知れないものだったとお察しします。
現在の体調はいかがでしょうか。どちらの病気も落ち着いていることを願っています。


アドバイスありがとうございます。
私自身も、だんだんそういう考えに気持ちが傾いてきました。

中3の時に、挑戦もすることなしに医学部をあきらめて、
それ以来自分のやりたいことを口にだすことに大きな抵抗を持っています。
ですが、同じ後悔をすることはとても愚かではないかと最近気づきつつあります。
なので、まずは翻訳の仕事を知る努力をしたいと思います。
再受験して医学部に行くことも考えたのですが、計算すると実際に働き始めるのが30歳あたりになって
でもその頃には結婚して子供もほしいし、、等のことを思うと、現実的に厳しいです。
翻訳のほうはまだ道が閉ざされていないと思うので、すこし挑戦してみようかな、なんて考えています。


就活で、みんなが大企業の総合職を狙っているので、
ついついそれに流されてしまいそうになり、目標が見えなくなって苦しんでました。
良い学校に入ること、良い企業に入ることが、目標とされがちですが、
そうしてどうするのか?が、いちばんの問題なんですよね。
自分が本当にしあわせになる努力をすることが大切だと思います。

…なんてことを、大学入学前に考えていたのですが、
最近就活で盲目になり、見失いかけていました。
気づかせてくださってありがとうございます。

一度きりの人生、楽しんで生きたいと思います。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

マユ

Author:マユ
一応大人になりました。
現在は国公立大卒社会人。
一時の危機を乗り越え、ようやくここまで来ました。

高校中退、留年、退学
精神科通院、リスカ、OD
なかなか色々あったけど、
生きることをあきらめない。
きっと。きっとね。

大切な人を、大切にできるように。

まだまだ未熟で世間知らずですが
社会で上手に精一杯生きていけるようになりたいです。


↓ランキングに参加しています。1日1クリックよろしくお願いします★
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

FC2プロフはこちら


Peace & Quiet 携帯ホムペ。更新大体停止中。過去に作った所へのリンク色々あります。


無料 アクセス解析太陽光発電
現在の閲覧者数:
このブログ内での人気記事ランキングです。
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。